100-Words Blog

writing down today's impression in 100 words

Leukemia

子供の頃、年上の幼馴染が白血病になった。

 

電車を乗り継いで40分ほどの大学病院に何度もお見舞いに行った。

 

無菌エリアからのくぐもった声と笑顔。

でも、そこから出られることはなかった。

投薬も、骨髄移植もダメだった。

 

あれから30数年。

「治る病気」との報道を多く目にして隔世の感がある。

 

 

ヒト医学の道には進まなかったけど、幼馴染の死が無ければ研究者にはならなかったような気がする。

The desire to appeal wastes time

残業している時

美味しい料理を作った時

何か嬉しいことがあった時

何かモヤッた時

 

ちょっと誰かに知らしめたい。

今でもそういう時はたまにあるけれど、ぐっと抑えて。

 

 

最近ほんと時間ができて、じっくり読書する時間も仕事量も増えた。

A Dream Goes on Forever

 

ハイクのことを想うとき

 

みんなの

 

楽しい気持ち

 

嬉しい気持ち

 

やりきれない気持ち

 

好奇心

 

やる気

 

やる気なさ

 

やるせなさ

 

真面目さ

 

おふざけ

 

いっぱい乗せて走っていた大きな乗り物が浮かぶ

 

 

 

なくなっても

 

きっと

 

みんな

 

忘れない

 

 

タイトルは大好きなTodd Rundgrenの曲から

American-made socks

昨年、待望のスノーブーツを手に入れた。

L.L.Bean製。

 

ブーツの素敵さは勿論、感動したのが一緒について来た靴下。

 

履いた瞬間エクスタシーを感じたよ。

それから悩みに悩み、先程数足ポチった。だってもうすごいんだもの。

Mysterous fingernails

伸びた爪の白いのが2ミリを超えると指先に違和感が出始めるので切る。

1週間ほど経過し指先を見る。

 

少し、伸びている。が、まだ大丈夫。

 

しかしここから早い。

つい先日まだ大丈夫と思ったのではなかったか?

爪の成長は正比例直線ではないらしい。

My life likes the spiral staircase

人生は螺旋階段

一直線には上れない

ぐるっと回ってきて、あれ?同じ景色?

でも、ほんの少し視点が上がってる

堂々巡りのようで堂々巡りじゃない

3周、5周、10周、、、、

気付けば出発点からはずっと離れてる

 

迷わず進め

Hello, giant squid

富山湾で生きたダイオウイカがイワシ漁の網にかかったというので映像ニュースを見た。

正直、不気味であった。

映画監督 岩井俊二の小説に「ウォーレスの人魚」というのがある。自分が人魚の末裔なら、深海の世界をじっくり見てまわりたいものである。